門出

結婚披露宴には誰を呼ぶ?

結婚披露宴を行うにあたり、新郎新婦が悩んだりトラブルになったりしがちなことが、誰をゲストとして招待するかということです。
誰を呼ぶかということによって、披露宴を行う会場や、披露宴の内容、食事の内容など、様々な事柄が関わってきます。
ですから、披露宴を行うにあたって初めに決めなくてはならないことは、この、ゲストに誰を招待するかということなのです。
現在は、親族のみで行うという結婚披露宴も増えています。

しかし、地域によっては大々的な披露宴を行うということが定着し、100人を超えるゲストを招待するという披露宴も少なくはありません。
一般的に披露宴に招待するゲストというのは、親族、仕事関係者、友人、そして地域によっては近所の方をお招きすることもあるようです。
こういったところは、それぞれの地域や親族間での決まりやしきたりがあると思いますから、事前に両親に確認しておくことが必要です。

特に親族に関しては、どこまで呼ぶのかということが新郎新婦間でトラブルになりがちなので注意が必要です。
両親に兄弟が多いと、必然的に招待する親族が多くなってしまい、新郎新婦間で人数の調整ができないということが多いです。
特に新婦側の方の親族が多くなってしまい、新郎側より新婦側のゲストの人数の方が多くなってしまったということになると、新郎側が気にするというケースも良くある話です。
本来は、人数の差よりも、どこまでの関係まで呼ぶかということが大切なので、新婦側が多くても問題は無いのですが、やはり気にする人もいるので、その辺りの調整は両親同士でもしっかりと話し合う機会があるといいでしょう。

最近では仲人を立てるということも少なくなりましたが、その代わりに「主賓」を立てるというパターンが増えています。
主賓とは、ゲストの中で主である人を指し、職場での上司や、親族ならば伯父にあたる人にお願いすることが多いようです。
主賓を立てる場合、新郎新婦から1人ずつ主賓として挨拶をしていただくことになるので、誰を主賓にするのかということもしっかりと話し合う必要があります。

職場の上司を何人か招待するという場合には、役職が一番上の人にお願いしましょう。
友人関係を、何人招待するかということも、新郎新婦間でのもめごととして多いようです。

主な悩みごととして多い事例は、新婦側は呼びたい友人がたくさんいるのに、新郎側は少なくて人数の調整ができないということや、招待する友人同士に面識が無いために招待しづらいということがあるようです。
友人関係に関しては、あまりにも新郎新婦間で人数の差があってはいけないので、できるだけ人数を揃えられるといいと思います。
どうしても招待しきれないという場合は、いっそのこと友人は二次会だけにしてもらったり、後日1.5次会として改めて友人中心の披露宴を行ったりするなど、工夫が必要です。

また、ゲストによっては招待しても出席できないという場合も考慮しなくてはなりません。
招待すれば、必ず来てくれるだろうと思いこまずに、招待状を贈る前に一度口頭や電話などで確認をとっておくと良いと思います。
そうすることがマナーですし、早めにそういったことをしておくことで、人数調整もしやすくなります。

ゲストの内容によって、披露宴の中身は大きく変わってきます。
自分達がどんな披露宴をしたいかということもよく考えて、ゲスト選びは慎重に行いましょう。
ゲストが決まったら次にやることは席次表作りですよね。
初めてのことですからどのように作ればよいのかわからない方多いと思います。
そんな方たちは結婚披露宴の席次表の作り方について載っているサイトがありますので参考にしてください。