門出

結婚披露宴での衣装はどうする?

結婚披露宴での衣装は、女性であれば小さな頃に一番に思い描く夢といっても過言ではないでしょう。
逆にいってしまえば、素敵なドレスを着たいから結婚をしたい、という図が描かれていたかも知れません。
この結婚披露宴での衣装ですが、和装、洋装ともにいくつか種類があります。

和装の場合ですと、まず結婚式で着る白無垢と、お色直しで着るのが色打ち掛けや、黒引き振り袖になります。
色内打ち掛けはもう和装のお馴染みとなっていますが、黒引き振り袖は、黒を基調に花などがあしらわれた裾の長い振り袖で、かつらを使用しないスタイルとなります。
男性の和装は、紋付羽織袴になります。
和装はドレスに比べて控えめなイメージがあるかも知れませんが、結婚における和装は華やかで斬新なデザインが多く、人気も高くなっています。

洋装は、まず、白のウェディングドレスです。
ドレスの種類ですが、ざっとご紹介しますと、Aライン、プリンセス、スレンダー、マーメイド、ショートドレスになります。
一般的に人気の高いドレスは、Aラインのドレスと、プリンセスのドレスになります。

Aラインのドレスはウエストが高い位置にあり、アルファベットのAのかたちにラインが似ているドレスです。
プリンセスはウエストから下がふわりと広がるデザインで、名前の通りお姫様が着るドレスのイメージに重なります。
スレンダーやマーメイドは、身体のラインが映えるドレスで、長身の方により合うデザインとなっています。
お色直しでは、カラードレスを着るのが一般的です。
また、結婚披露宴の際のヘアアレンジはこちらに載っています。

男性の洋装は、昼であればモーニング、夜であればタキシードやテールコートになります。
和装、洋装ともに、お色直しをするのであれば、二種類の装いを披露するケースが多くなっています。
衣装の試着をしに行く際には事前に予約を入れ、できれば実際に着た姿を見てくれる人と一緒に行くと良いでしょう。
気に入ったデザインの中から、客観的な意見も取り入れますと、絞り込みもしやすくなります。
衣装の他にも決めることはたくさんありますが、今回こちらのサイトでは結婚披露宴の料理について取り上げられています。