門出

結婚披露宴に出席するための髪型

結婚披露宴にゲストとして出席する場合、女性はその髪型にも気を使います。
フォーマルな場ですから、いつもと同じ髪型というわけにもいかないですし、かといってあまり派手すぎるのも…ということで、とても難しいものです。
では、どのような髪型が、ゲストとしてふさわしいのでしょうか。

まず、普段から自分でヘアアレンジを行っていて、自信があるという方なら良いのですが、そうでないのならば美容院でお願いすると安心です。
当日は着付けがあったり、思わぬ寝ぐせがついてしまうなどのトラブルがあったりと、バタバタしてしまうものです。
プロの手にお願いすれば、失敗や時間がかかり過ぎるという心配もありませんから、一番確実で安心できる方法です。

さて、肝心なヘアアレンジの方法ですが、ミディアムヘアやロングヘアの方は、できるだけアップスタイルにすることがフォーマル感を出すポイントです。
ダウンスタイルで、いくらキレイに整えてあっても、年配ゲストからは「だらしがない」と見られがちです。
2次会などなら良いのですが、披露宴ではきちんと感のあるアップスタイルにするのが良いでしょう。

また、よくヘアアレンジに気合を入れている女性ゲストがいますが、花嫁よりも目立ってしまうような、やり過ぎヘアアレンジも厳禁です。
特にヘアアクセサリーで、大きな装花を付けたり、大ぶりなアクセサリーを付けると、花嫁のヘアアレンジと被ってしまったり、花嫁より目立ってしまったりする可能性があります。
特に髪色が明るめだったり、目立つような色だったりする場合は、ヘアアクセサリーは小ぶりできちんと感のあるようなものに留めておくのが良いでしょう。

ショートヘアの方の場合は、コテで巻いてくせ毛風にしたり、編みこみなどでアレンジしたりすると、とても素敵ですね。
この場合も、ヘアアクセサリーには気を使い、大ぶりな装花や輝きの強いものは避け、パール系などの上品なものにしておきましょう。

洋装・和装、どの場合にも共通しているのが、フォーマル感を大切にした、派手すぎないヘアスタイルにするということです。
晴れの場で、お洒落を楽しみたいという気持ちはわかりますが、主役はあくまでも花嫁なので、花嫁よりも目立つようなヘアスタイルは避け、
なおかつきちんと感は大切にしたヘアスタイルで出席するようにしましょう。