門出

個性的な結婚披露宴

結婚披露宴というのは、昔からある程度、進行の仕方や中身が決まっていました。
何度も結婚披露宴に招待されているような人だと、マンネリに感じてしまったりすることもあるようです。

しかし、最近では新郎新婦が工夫を凝らした個性的な結婚披露宴を行うことが多くなってきているようです。
新郎新婦らしさが沢山詰まった結婚披露宴は、出席したゲストの心にも強く印象付けられ、楽しい時間を過ごすことができたと、ゲストにも好評のようです。
どんな結婚披露宴があるのでしょうか。

例えば、「ゲスト1人1人との時間を大切にした披露宴」というものがあります。
披露宴中は、スピーチや余興、ケーキカットなど色々なイベントがあるため、ゲストの方となかなかゆっくりお話する時間がありません。
そこで、できる限りスピーチや余興を減らし、新郎新婦が各テーブルを回って1人1人とお話したり写真を撮るような時間を設けるというものです。

ゲスト側としても、2人と話せる時間があるということは、本当に嬉しいことのようで、喜ばれる披露宴内容です。
せっかく2人のためにお祝いに駆けつけてくれたのですから、1人1人にお礼を伝えたいという方にオススメです。
このようにゲストに人気の結婚披露宴の流れをこちらでいくつか紹介しています。

また、新郎新婦自身が楽しみながら準備できるのが、「2人の好きなものや趣味をふんだんに取り入れた披露宴」です。
映画が好きな新郎新婦であれば、好きな映画にちなんだ会場装飾やBGM、演出や入場も、映画のワンシーンのようにしてみたりして、
ゲストがまるで映画の世界に入ったかのように思えるものなどいかがでしょうか。
ゲストの心に残りますし、2人のことを良く知ってもらえるきっかけにもなりますよ。

何もアイディアが思い浮かばない…という方に、何も大きなことをしなくても、充分に2人らしい披露宴になるという方法もご紹介します。
2人の地元の名産を、披露宴の食事に取り入れたり、引出物やプチギフトに取り入れてみたりするという方法。
席札に1人1人へのメッセージを書いておくという方法。

ゲストの方に喜んでもらおう、楽しんでもらおうと思って考えれば、結婚披露宴の色々なアイディアが浮かんでくるのではないでしょうか。
新郎新婦2人が楽しめるということも大切ですが、何より大切なことがお祝いに来てくれたゲストへの感謝の気持ちを伝えるということです。
そんな気持ちがたくさんこもった披露宴ができるように、色々なアイディアを練ってみましょう。
また、結婚披露宴で用意しておくと喜ばれるものについてかいてあるサイトがありますのでよかったら参考にしてみてください。。