門出

結婚披露宴のご祝儀の相場

結婚披露宴にお招きされたとき、ご祝儀を一体いくら包めばいいのか悩んだ経験はありませんか。
初めて出席する友人の結婚式。
兄弟、親戚の結婚式。
会社の部下の結婚式。

結婚披露宴といっても、様々なシチュエーションがあり、それによって包むご祝儀の額も変わってくるため、そのたびに悩んでしまいますね。
そんな悩める、ご祝儀の相場はどのようにして決めると良いのかということを、ご紹介いたします。

一般的なご祝儀制の結婚披露宴の金額は3万円と言われています。
これは、料理、飲み物、ケーキ、引き出物など、出席者することでかかってくる金額に、お祝いの気持ちをプラスした金額です。
夫婦や家族で出席する場合は、そのグループにつき引き出物は1つとなりますが、料理や飲み物などは人数分となるため、そのことを考慮した金額になります。

また、新郎新婦と自分との関係性、自分の年齢や収入なども金額に関わってきます。
会社の同僚の場合は3万円が相場ですが、部下の場合、自分の立場や役職によっては5万円包むという場合もあります。
親戚関係でも、甥・姪や兄弟・姉妹などには5~10万円というのが平均的な相場と言われています。

どのくらい包むか迷った場合は、一緒に出席するゲストに相談して金額を合わせるようにすると安心ですね。
ちなみに、ご祝儀は結婚披露宴の当日に、受付で渡すということが一般的であるように思われているかもしれませんが、本来ならば結婚披露宴の前に新郎もしくは新婦に直接渡すというのが正しいマナーです。
遠方などで直接渡せなかった人が、当日に受付で渡すというのが本来の形なのです。

特に親戚や兄弟などの縁の深い人ならば、可能であれば結婚式前に直接ご祝儀を渡せると丁寧で良いと思います。
結婚披露宴にやむなく欠席をするという場合、ご祝儀の金額は相手方との関係などに関わらず、5千円か1万円というのが相場となっています。
気をつけなくてはならないのが、このご祝儀の渡し方で、出席する他の友人にご祝儀を託すという行為はマナー違反ですから絶対にやめましょう。
直接渡すか、もしくは現金書留で送るというのが、マナーです。

結婚披露宴の1週間前までには、相手方に届くようにしましょう。
残念ながら、ご祝儀によるトラブルは多く、ご祝儀の金額や包み方によって、結婚披露宴後に疎遠になってしまったり、不快な思いをしてしまったりすることがあるようです。
そうならないためにも、気持ち良くお祝いできるように正しい知識とマナーを知っておきましょう。
こちらのサイトは結婚披露宴のわからないことを解決するのに役立つと思いますので、是非ご利用ください。