門出

結婚披露宴をする?しない?

結婚披露宴は、結婚したことを、新郎新婦の親族、友人、仕事先の人などに報告する目的があります。
新郎新婦がお客様をおもてなしするものではありますが、新郎新婦の門出をお祝いする意味も込められ、思い出に残る良い日にしようとの新郎新婦、招待客の気持ちにより、素敵な結婚披露宴になっていきます。

この結婚披露宴ですが、現在は結婚に対する価値観や捉え方が多様化し、行わないケースもあります。
結婚披露宴を行わないケースですが、まず結婚披露宴にはだいたい300万円ほどの予算が掛かります。
この費用を生活準備に充てたいという考えもあります。

新婚旅行と挙式を兼ね、新郎新婦のみで海外へ行き、そこで二人だけの挙式をするケースもあります。
結婚披露宴を行わない、といいましても、気心の知れた友人のみで行われるパーティーや、親族での食事会といったかたちでの新郎新婦のお披露目の機会を設けるケースもあります。
結婚披露宴の種類と流れが載っていますので参考にしてください。

また、結婚式、結婚披露宴を行いませんが、タキシードにウェディングドレスの姿で、記念写真を撮っておくというケースも珍しくありません。
結婚披露宴を行う理由ですが、新郎新婦の両親が望んでいるケースもありますし、新婦の子供の頃からの夢で結婚披露宴を行いたいということや、
新郎が友人や会社の方に向けてそうした場を設けて結婚を報告する必要を感じているということなどがあります。

また、結婚披露宴は結婚式と同日に行う場合が大半ではありますが、結婚式を先に行い、別に日を設けて結婚披露宴を行う場合もあります。
結婚披露宴を結婚式と同日に行う場合は、ホテルなど、移動距離が短く、宿泊や美容室などがトータルで揃っている場所を披露宴会場に選ぶことが比較的多いです。

一方で、別の日に結婚披露宴を行う場合は貸し切りの会場やレストランを選ぶことが多く見られます。
また結婚した時は忙しくスケジュールが確保できない、などの理由のある方が、何年かしてから結婚式、結婚披露宴を行うというケースもあります。
結婚披露宴のメリット・デメリットがかいてありますので参考にしてください。