門出

結婚披露宴に出席するための衣装

結婚披露宴に招待され、いざ出席させていただくことになった場合、悩むのが「何を着ていこう…」ということではないでしょうか。
男性ならば、礼服やスーツで良いのですが、問題は女性側ですよね。
フォーマルドレスや振袖、着物など、色々なパターンがあるのですが、どういったものを着るのが好ましいのでしょうか。

まず、兄弟・姉妹や従姉などの親族として出席する場合は、他のゲストよりも格式高い衣装で出席するのが好ましいとされています。
ですので、できるだけ着物や振袖での出席が良いですね。
黒留袖は年配の親族が着ることが多いため、若い既婚女性の場合は色留袖がオススメです。
未婚女性は、ぜひ振袖を着ましょう。

洋装を着る場合は、昼間の披露宴ならばアフタヌーンドレス、夜の披露宴ならばイブニングドレスが正装となります。
実際はあまり昼夜にとらわれない場合が多いのですが、親族の場合はロング丈などの丈が長めのものだと格式が高く見え、フォーマル感が出るのでオススメです。
友人として出席する場合は、会場が華やぐような衣装が喜ばれます。
最近の友人ゲストは、ドレスでの出席が多く、しかも花嫁より目立たないようにという気遣いから黒のドレスを着用するゲストが多数います。
ですが、実際は女性としてお祝いの席を華やかにするために、明るめの色合いの華やかな衣装が喜ばれます。

独身女性であれば、振袖での出席はとても喜ばれます。
また、最近では若い既婚女性でも、友人の披露宴の場合には振袖を着るということもあるようなので、可能であるならばぜひ振袖や訪問着などを着用すると良いでしょう。
洋装にしても、無難な黒のドレスよりも白ではない、華やかな色合いのドレスを着用したり、
黒のドレスでも華やかな小物をプラスしたりするなどして工夫して着こなすようにしましょう。

また、洋装で気をつけなくてはならないのが足元です。
ヒールの低い靴や、ヒールが太くなっている靴は、フォーマルな場には向きません。
5センチ以上の高さのピンヒールなどを合わせると良いでしょう。
つま先が開いているサンダルタイプも厳禁です。

女性ゲストの役目は、お祝いの席を華やかに彩ることです。
もちろん花嫁より目立ってはいけませんが、品格のある華やかな装いで、場を彩ることができるように意識して衣装を選びましょう。