門出

結婚式披露宴の費用の内訳は?

結婚式披露宴は、現在、新郎新婦の考え方により多様化しています。また、地域によっても結婚式披露宴の規模や行い方には違いがあります。
結婚式披露宴を行う場所や人数によって、費用はかなりの違いが生じてきます。
こちらにも結婚披露宴にかかる費用や準備することについてかいてあります。

ホテルで結婚式披露宴を行うケースが現在は多く、一般的にもなっていますが、ハウスウェディングや、レストランでの結婚披露宴では、また掛かる費用が違ってきます。
一般的な結婚式披露宴に掛かります費用の内訳をざっとご紹介します。

まず、挙式と併せて結婚披露宴を行う場合ですと、挙式料が発生します。
次にお料理やウェルカムドリンクなどですが、ここに掛かる費用が内訳の中で大きな割合を占めます。
お料理は、招待したお客様一人につき掛かった費用に、人数分掛けて費用が出るようになっています。

次に掛かりますのが新郎新婦の衣装代になります。
大抵の場合は新婦の衣装代が高く、新郎の倍くらいになります。

他に引き出物、引き菓子、プチギフトです。
これは、結婚披露宴で出される記念品で、大きな紙袋に入って、会場のスタッフにより渡される場合が殆どです。
これに対し、プチギフトは結婚式披露宴の終わりに新郎新婦と言葉を交わす際に渡されるものです。
他には、招待状、席次表、ウェルカムボード、ウェディングケーキ、ブーケ、装花、スタジオ撮影、スナップ写真、ビデオ撮影、映像演出、介添え料、司会者をお願いした時の費用、
遠方からのお客様の交通費、宿泊費、受付をやってくれた友人や仲人さんへのお礼代などがあります。

結婚式披露宴を行う場所によっては、衣装や引き出物の持ち込み料が発生する場合があります。
結婚披露宴の費用ですが、事前の打ち合わせの際に発生します交通費や、当日に向けてのエステの費用も視野に入れておくと良いでしょう。
結婚式披露宴で掛かる費用の平均は、300万円から400万円ほどになります。

尚、内訳にあります招待状や次席表、ウェルカムボードを新郎、新婦で書く、作成をするといった選択肢もありますし、司会も友人に頼むケースもあります。
結婚披露宴の演出についてこちらにかいてありますので参考にすると良いでしょう。